1月10日 成人の日

この日は野球ではなく、駅伝大会に参加しました。

3年前から出場させてもらっている老舗の大会です。

 

今年は選手6チーム+コーチ・保護者3チームの計9チームの参加です。

 

優勝候補だったAチームはまさかの10位。

まるで箱根駅伝の番狂わせが起こったかのようでした。

ですが、アップダウンのあるコースをみんな必死に粘り強く走り切りました。

 

野球と駅伝は似ていると思います。野球は一人で打席に立ち、点を取るためにチームのために戦います。また、守備ではピッチャーは一人マウンドへ。他8人もそれぞれ一人で守備位置に。けれど、チームのために守り抜きます。

駅伝も走るのはたった一人。ですが、チームのために襷を繋いで、苦しいけれど走り抜きます。

自分だけが良ければ良い ではなく、みんなのために自分のできることを懸命にしなければ勝利に結びつきません。このことを普段の練習から忘れないでほしいと思います。

 

悔しい思いをした選手も、自信のついた選手も、皆一つの経験。

この経験が、今後の人生でプラスになれば幸いです。

 

来年は・・・3位入賞を狙いたいですね。